多彩な取引や最大50%の入金ボーナスが魅力

skfsd8 今やバイナリーオプションですっかりおなじみとなった60秒取引ですが、日本市場でもっとも早くそのサービスを始めたのがほかならぬスマートオプションです。取引銘柄には13種類の通貨ペアをはじめとして、34種類の株式、19種類の株価指数、そして6種類の商品と、合わせて73種類もの取引銘柄を揃え、その多彩さからも人気となっています。さらなるプラットフォームの改善や、最大で50%の入金ボーナスなどにより、世界中でその人気はますます増していくばかりのようです。

取引金額がわずか500円という少額から始められる点も、プロだけではなく初心者からも気軽に取引を行えるとして大きな支持を受けている理由のひとつでしょう。

また、海外の業者だからといって、英語が話せる必要はまったくありません。電話やメールのサポートまで含め、すべてが日本語に対応していて、日本人スタッフによる連絡や相談も受け付けているので、特に細かい疑問点などがある場合にはその便利さがよく分かると思います。

取引ルールのユニークさも特色で、同じポジションでさらに追加で投資をすることができる「ダブルアップ」や、ポジションを持ったまま決済を延長できる「ロングオーバー」といった、国内の業者ではまず見られない機能を使うこともできます。さらに現在では60秒を下回る超短期取引の30秒取引も取り入れられていて、ますますトレーダーにとって自由な選択ができる環境が整っています。

もはやスタンダードといってよい60秒取引も、もちろん用意されています。バイナリーオプションに興味を持たれている方は、ぜひ一度スマートオプションでその感覚を体験してみてください。

超短期取引の60秒オプション

日本国内ではあまり見られませんが、海外のバイナリーオプション業者では60秒オプションがすっかりおなじみです。まさに名前の通り、たった60秒で決済してしまうとても短く終えることのできる取引として非常に人気となっています。

FX取引のような差額によって利益を上げる投資では、ごく短い取引を頻繁に行うことで、小さいながらも利益を積み上げていくテクニックがあります。これをスキャルピングというのですが、振れ幅が落ち着いているときにはより利益を上げやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

超短期取引のメリットは、トレンドが変化する前に取引を終えてしまうことで、予想をより高い確率で当てることができるという点です。しかしスキャルピングというのは、あくまで利益を積み上げることが目的のため、その1回分の利益は本当にわずかなものにしかなりません。しかし同じく超短期取引である60秒オプションなら、値動きの上下を当てるだけで、それなりのペイアウト率による払い戻しがあります。どちらがより効率的かといわれれば、やはりバイナリーオプションに軍配が上がるでしょう。

損切り

(c) KaigaiForex.net