バイナリーオプションとFXの比較

 FXとバイナリーオプションは、同じ為替相場を利用して行う投資取引ですが、仕組みが全く異なります。

FX取引よりも複雑ではないため、初心者でも始めやすいのがバイナリーオプションですが、FX取引と比較してどちらが有利なのでしょうか。
もちろんこれは一概には言う事はできませんが、それぞれの取引きの違いを理解しておくことは、投資取引を行う上では、非常に有益なことと言えるでしょう。

FXでは、通貨を直接取引し、その通貨の価値そのものの変動を取引きに利用しているため、為替レートの変動の大きさによって、得られる利益や損失の大きさが変わります。為替レートが大きく変動するときは、利益も損失も大きくなり、為替レートがほとんど動かない、いわゆるレンジ相場の場合には、利益も損失も小さく、投資の効果が小さくなり、取引自体を成立させることが難しくなります。

FXの魅力の一つに「ハイレバレッジ」があります。日本国内FX業者はせいぜい25倍程度のレバレッジと規制がかかりますが、海外FXでは何百倍ものハイレバレッジで取引できます。為替相場のレート変動が激しい場合には大きなチャンスでもあり、その分リスクも大きくなります。また、経済指標の発表後や政府の高官、経済界の要人などが為替や経済の動きについて発言をした場合は、相場が乱高下する場合もあり、注意が必要です。

これに対し、バイナリーオプションは、通貨その物ではなく、その為替レートの変動が、あらかじめ決めていた一定の価格以上(未満)となるかを予測し、この予測の成否をもって、投資の成功と失敗を判定しているため、相場が大きく変動していても、小さく変動していても、取引きが成立するのです。よってバイナリーオプションは、相場の動向に対して取引きのポテンシャルが左右されないという大きな強みを発揮します。

国内バイナリーオプション場合は、規制が厳しく制約も多いため、利益と損失は常に一定的であり、じっくりコツコツ利益をあげていく取引になります。海外バイナリーオプションを扱う会社の数ある中で、Australia Highlowでは、最低入金額が5,000円からと安く、ペイアウト約1.85倍~2.00倍で利益を出しやすいです。また、海外バイナリーオプションを利用する魅力としては、金や銀、石油などの通貨以外でも取引ができるので、相場の状況に合わせて勝負できるというところです。

以上のように、バイナリーオプションとFX取引の両方の特性を理解し、為替相場の状態などに応じて、この二つを適切に使い分けるのが、最も有効であると考えられるのです。

損切り

(c) KaigaiForex.net