日本よりも規制が緩い海外FX

fsd8 海外FXといわれる海外の会社が運営しているFX会社は、国内のFX会社に比べ、規制が緩く、少ない資金でこれから大きく資金を増やしたいというトレーダーを中心に利用してい会社です。国内の会社は信託保全が義務化されており、会社に預けた資金は全額補償されている点で「安心」があります。海外FXでは補償制度は任意となっており、全額信託保全や一部補償など会社によって異なります。中には怪しいと思うような会社があるのも事実ですが、実際には、許可をとって運営している会社が殆どで、安心して海外FXで取引を行えます。優良企業にYバイナリーなどがあります。

海外FXでは色々なメリットを受けられるようになります。まずはメタトレーダーを利用しながらバイナリーオプション取引が行えるということです。メタトレーダーとはロシアのメタクォーツ社が開発した高機能トレードシステムツールで相場の分析をするツールが無料で利用できます。海外FXでは、メタトレーダーを利用したプログラムが多数存在するほか、海外FX会社が提供しているシステムを利用してもそれなりに勝てるようになっています。そのため国内FXで利用するシステムトレードと比べ、勝ちやすくなっており、利益自体は結構出しやすい感じがあります。

また海外FXでは取引のシステムもかなり進んでいることから、スリッページの発生率が少なくなっています。国内の会社を利用している場合、取引を開始したと思ったら明らかにタイミングが遅れているようなことに気付くことも多いはずです。このように注文時に指定したレートと、実際の約定価格との間に差が生じるいうのは、スプレッド以上のコストが発生してしまう可能性もあり、取引をするうえでは避けたいものです。海外FXではスリッページを無くすようなシステムを採用しており、多くの会社がスムーズな取引を実現できます。勿論軽いシステムを採用しているので、スペックの悪いパソコンでもそれなりに使えます。

海外FXを利用するにあたって注意が必要なのは、手数料にかかる費用です。海外FXへの入出金はクレジットカードか銀行送金の利用がメインですが、銀行送金での入出金を選ぶ場合、「送金手数料無料」の海外FX業者を選ぶようにしましょう。特に出金という部分では手数料が高くなってしまい、銀行に送金するまでには多くの手数料が発生します。クレジットカードで入金しても、さすがに出金するときには銀行を利用しなければなりません。そのため稼いだお金が手数料によって失われないように、出来る限り稼いでから出金することをお薦めします。

海外FXで注目されるのは、国内FXでは比べもににならない「ハイレバレッジ」です。よってリスクというものは国内以上に高くなりますが、リターンは確実に高くなります。もっと沢山のお金を稼ぎたいと思っている方には勿論のこと、国内のFXに不満が多数あるという方には海外FXがお薦めだと思います。


  

損切り

(c) KaigaiForex.net